大卒でも9人に1人は「安定した就職」ができない?

大学進学を選択する理由の1つとして、「大学に進学すれば必ず「正社員」として就職できるから」という理由があると思うが、文部科学省「学校基本調査」のデータからは、「約9人に1人は安定した職業に就いていない」以下のような傾向があるようだ。

<大学卒業後の状況(2019年5月1日、文部科学省「学校基本調査」より)>
( )内は割合と前年比(↑=アップ、↓=ダウン)

卒業者:57万2,639人(↑)
進学者:6万363人(10.5%↓)
就職者:44万6,794人(78.0%↑)
・うち正規の職員等:43万897人(75.2%↑)
・うち正規の職員等でない者:1万5,897人(2.7%↓)

約9人に1人が(進学をしているわけではないのに)安定的な就職ができていない現実を見ると、教育投資はすでに「ハイリスク投資」になっているといえるかもしれません。教育費を青天井でかけることだけが、教育投資の成功への道ではない時代といえそうです。

進路選択をする際は、その「出口」についてもしっかり考えたうえで選択することが望ましい。

大卒でも9人に1人は「安定した就職」ができない?
子どもが大学まで進学した場合、小さい頃からかけてきた教育費の累計は、進路にもよりますが1,000万~2,000万円程になります。しかし、大学を卒業しても全員が正規職員として就職できるわけではないという…

2020年4月25日 マイナビニュース掲載記事より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で