60年ぶりに高卒者の就職ルールが改定へ これまで応募は1社のみ 多すぎた問題点

これまで約60年間、変わることがなかった高卒就職の仕組み。文科省と厚労省は、今年の2月にこのルールの見直しに関する報告書をまとめるなど、改定の動きが出ている。以下の記事では、これまでの問題点と変更点がわかりやすくまとめられている。

60年ぶりに高卒者の就職ルールが改定へ これまで応募は1社のみ 多すぎた問題点
年間約40万人の大卒就職者の陰に隠れがちな同約17万人の高卒就職者。その高卒者の就活の仕組みが、約60年ぶりに大きく変わろうとしている。現状と見直される点をリポートす...

2020年9月8日 デイリー新潮掲載記事より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で