高卒で働く 学歴の壁低く「自由な就活」で広がる可能性

学校を通して受けられる会社は1人1社だけと決められているなど、規制が多い高卒採用。雇用のミスマッチによる早期の離職も少なくない。それを防止する意味でも、インターンシップなどで、早くから「働く大人」と接点を持つことの重要性が記事の中では指摘されている。

高校生の就活には規制が多い。活動期間は実質数カ月間。学校を通じて受験できるのは、1人1社だけだ。永田さんは「『こんな人になりたい』という職業のロールモデルをたくさん見て、自分の興味と適正を早く知ることが大切です」と強調した。

「就活以前に、働く大人との接点をつくり、大変なことも含めた仕事の実態を見せて、体感させることが大切」。

高卒で働く 学歴の壁低く「自由な就活」で広がる可能性:イザ!
【近ごろ都に流行るもの】「高卒で働く」(下)人手不足を背景にした高卒求人の急増と就職者の活躍を伝えた「高卒で働く(上)」に、多様な意見が寄せられた。「教育費から…

(産経新聞 2019年2月4日の記事より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で